純綿紺無地

赤穂市元塩町にて、以前畳の新調でお世話になったお宅で、国産表を使用した表替えをさせていただきました。

若干畳床が柔らかくなっていたので、綿糸表をおすすめしました。

へりは黒に近い濃いめの順面紺無地。紺系無地は薄めや濃め、ナスビ系など色々あってイメージが変わってくるので、実物を確認してもらってから付けるようにしております。

昔は黒や茶、紺といった純綿の無地を付けるお座敷が多かったのですが、近年こういった無地純綿ヘリを選ばれるお宅も少なくなってきました。

地味なようですが、和室らしく落ち着きあるんですけどね。

カラー畳が人気です。

 人気の琉球畳風カラー畳です。お部屋をモダンでシックにきめたい人が、2色のカラー畳を交互に敷いてお洒落にカラー畳を楽しめます。