床暖房対応の畳

床暖房対応の畳について

 和室に床暖房システムを採用する現場には、それに対応した畳を使用する必要があります。

 一般的に多い「ガス式」は、畳の下に温水が流れるパイプを設置し、その熱で畳を温める仕組みです。

 熱伝導を良くするため(一般的には)13mmと、大変薄い畳になります。

 「畳床」の内部構造も通常の畳、また通常の薄畳と全く異なり、熱による反りや寸法変化に対応した強い材質のものが使われます。

 「畳表」は工事を施工する会社によって採用する商品が違います。天然イ草の場合、熱による乾燥で生じる恐れのあるイ草の擦り切れや変色、また樹脂製表の場合、熱による表のたるみや伸び・シワといった不具合、それらが起こりにくい「和紙製表」での施工をオススメしております。(当社見解)

 床暖房用畳13mm仕上がり  

へり付き・ヘリ無し・新調 ¥価格応談

 「畳床」大建工業㈱ 健やか畳床 座スリムZ 床暖房対応タイプ をオススメします。

 「畳表」大建工業㈱ 健やかおもて  銀白  をオススメします。

  *使用上の注意点がいくつかございますが、お見積り・検討時にご説明いたします。

カラー畳が人気です。

 人気の琉球畳風カラー畳です。お部屋をモダンでシックにきめたい人が、2色のカラー畳を交互に敷いてお洒落にカラー畳を楽しめます。