1.床の間の畳

 寺院仏閣・一般住宅の床の間には、龍鬢(りゅうびん)表に高麗紋縁(大・中・小紋)を 付けることにより、格式空間として、座敷に高級感と風格をあたえます。

 龍鬢表には、天日で晒して赤く発色させたイ草で織りあげた赤龍鬢と、天日でさらさずに 青味を残したままのイ草で織り上げた青龍鬢の2種類があります。 (通常の畳表で施工する事もあります。)

 イ目(イ草の谷)の幅も、小目と大目の2種類があります
 紋縁(もんべり)の種類も豊富です。床の間の空間を演出してください。

床の間の畳表と紋縁

床の間に最適なカラー畳

 床の間用の龍鬢表風カラー畳です。

 ※お使いのモニターにより色目や質感が異なって表示されます。 実際のサンプルでお決め下さい。

Search

2.床の間の畳の価格

 価格は、①床の長さ ②床の厚み ③施工法 ④使用する畳表 ⑤紋縁 ⑥機械縫いできるもの ⑦手縫いのもの など、大きさ・使用材料・施工の仕方によって変わりますので、現場確認が必要です。

  床畳 床上敷 新調 

¥価格応談(施工方法、使用材料の種類による) 

赤穂 相生 上郡 備前 | 畳 襖 障子 はりかえの店0791-48-7076定休日〔 日曜・祝日 〕

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせ下さい。

カラー畳が人気です。

 人気の琉球畳風カラー畳です。お部屋をモダンでシックにきめたい人が、2色のカラー畳を交互に敷いてお洒落にカラー畳を楽しめます。